2010年6月から一年半の期限付きでアメリカでの生活が始りました。ノンキなパン屋です。 マイペースに日々の出来事を感じたままに書き綴ろうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 
 
 このブログを読んでくださる方はあまり多くいないと思いますが、
 
 約4ヵ月間、更新できず申し訳ございませんでした。










 この4ヶ月間の間に自分の生活も大きく変わり、

 PCにゆっくり向き合う時間が減ってしまい、

 いつも後手後手に回っていました。

 いくつか書き途中のものもあるので、  

 日を追って更新しようと思っています。


 




 
 自分はブログ初心者ではありますが、

 ブログというものは本当に奥深いものだと

 改めてそう思うようになりました。

 






 いつ誰が読んで、どのように感じるか、

 そればかりを意識して書いていたら

 想いのままに書けないこともあります。








 ただ、それを無視して心のままに書くのも
 
 時には良い方向に向かないこともあると思います。

 軽はずみな言葉はいつどんな時でも控えるべきだと思っています。











 言葉は人にとってとても大切なものです。

 武器にもなり、装備にもなります。 

 温かいものもあれば、冷たいものもあります。









 今回の未曾有の大災害が言論、情報の自由を問う場面も多くあります。

 自粛ムード、そんな流れが様々な場所で起こっています。

 それが現状に対し本当に意味のあることなのかは分かりません。

 何かを自粛したり、しなかったり

 それが本当に心から被災地の方々を思ってしていることなら、

 きっと意味のあることになると思います。

 
 



 
 

 数多くのブロガーの方達が、迅速で適切な情報を提供してくれています。

 自分は今、海外にいるので、海外在住の方のブログを多く読ませていただいています。

 皆さん、遠くにいて何もできない歯痒さと、

 少しでも何かしたい、という想いがブログから伝わってきます。

  






 自分にもなにかできないか。

 色々と模索してみましたが、

 自分はネットなどの情報を集めるのが精いっぱいでした。

 それを発進できるほどの情報力もなく、

 自分ができることはあまりありませんでした。








 情けないですが、

 日本を想う強い気持ちと、

 募金をすることが自分のできる唯一のできることでした。 








 震災の情報提供だけではなく、 
 
 そもそも、
 
 自分のブログが人に何か影響を与えるものでないというのは、

 内容からも、

 自分の人生経験からも、

 文章力からも、

 到底ないということは分かっています、







 自分のブログが何のためにあるのか。

 何を発信したいのか。

 それも改めて考え直しました。








 初めは日本にいる家族や友人に自分のアメリカでの生活を

 少しでも知ってもらおうと思い書き始めました。

 



 それがいつの間に食べ物中心のブログになっています。
 
 

 



 ブログはその人の『スタイル』がよく出るものだと思います。
 
 やっぱり自分は食べることが好きなんだなと、
 
 改めて思いました。 



 

 自分の出来る限りのことを精一杯やる。

 そのスタンスで、

 出来る限りブログも続けようと思います。







 この貴重な経験を

 自分の人生の軌跡として、

 形に残せる良い場所になると思っています。

 







 コレが、

 誰かのためになるのではなく、

 何かのためになると、

 そう信じています。

  






 被災地では今もなお続く不安な毎日が、

 一日も早く人々の心に安らぎが生まれますように。

 そう心から願っています。

from San Francisco

 
スポンサーサイト
2011.04.23 / Top↑
 
 このたびの東日本大震災にて被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

























 pray for Japan 
2011.04.13 / Top↑
Tartine Bakery

Categories:Bakeries, Sandwiches

600 Guerrero St

(between 18th St & 19th St)

San Francisco, CA 94110

Neighborhood: Mission

(415) 487-2600


http://www.tartinebakery.com







Yelpを見てビックリ!

なんと2500件近くのコメント!

そして★★★★☆!!!!

言わずと知れた、San Francisco一番のベーカリー

いや、

ベイエリア一のパン屋さん、と言っても過言ではない、

Tartine Bakery




Berkeleyまではよく足を運びますが、

サンフランとなると、ベイブリッジを渡り、

一通の多く、駐車場もどこにあるか分からない未知の場所でしたので、

なかなか行くことができませんでした。


しかし、今週末は最後の一人旅で、

一念発起し、

サンフランを訪れ、渡米前から食べたかった、

ココのクロワッサンにようやく出会えました。


さすが週末、さすが人気店、

長蛇の列、


Tartine Bakery



店内カフェスペースには、ブランチをするお客さんで満員、

奥に見えるのがドリンク作成のバーカウンター、


Tartine Bakery


店内に入ってもなかなかパン達が見えません、

店内装飾品はパンの絵や飾りパンがオシャレに飾られています。



Tartine Bakery



ようやく辿り着いたショーケース、


Tartine Bakery


ホリデーシーズンに向けてのケーキやクッキー、焼き菓子が

美味しそうにディスプレイされ目移りしてしまいます。

↓コレはシーズンタルトとか書いてありました、


Tartine Bakery


ケーキも買おうかと迷いましたが、

次回Wifeを連れてきた時のお楽しみにして、

今回はパンを中心に買いました。



Tartine Bakery







まずは、お目当てのクロワッサン、

Croissant $3.75


Croissant  in Tartine Bakery



ショーケースに入っているのを見た時にも驚きましたが、

実際に手に取ってみるとさらにビックリ、

大くて重さもズッシリ、

でも、アメリカンなペストリーとは一味違い、

しっかりと焼きこまれ、内層もキレイで、

高さもあり、ただのデカイクロワッサンではありませんでした。



Croissant in Tartine Bakery


かなりインパクト大のクロワッサン、

味も美味しく、また食べたくなるクロワッサンでした。





次は、パン・オ・ショコラ、

Pain Au Chocolate $4.25



Pain Au Chocolate $4.25 in Tartine Bakery



コレもクロワッサン同様、大きくてズッシリしています。

コルクを置いて大きさ比べてみましたが、

写真だとなかなか伝わりませんね。



内層

Pain Au Chocolate $4.25 in Tartine Bakery


チョコレートは濃厚で美味しかったです。

層もしっかり出ていて、

食感もとても良かったのですが、

成形不良か、ホイロオーバーか、

はたまた、チョコの入れすぎかは分かりませんが、

裏面にチョコが出てしまっていました。



Pain Au Chocolate $4.25 in Tartine Bakery


ちなみに生地はクロワッサンと同じ生地です。







次は、ブルーベリースコーン、

Scone $3.25、



Scone $3.25 in Tartine Bakery


表面にグラニュー糖がついています。

きっと、スコーンは季節ごとに種類が変わるのだと思います。



アメリカではブルーベリースコーンは、

スコーンの中の最もスタンダードで、

最も愛されているスコーンです。

お店ごとにスコーンの基本生地の特徴は違います。



Tartine Bakeryのスコーン生地は、

とっても王道な感じの生地です。

内層が詰まっていて、生地はパサつくと感じる一歩手前のしっとり感。

やっぱりコーヒーが飲みたくなる感じです。



Scone $3.25 in Tartine Bakery



私はスコーンをこよなく愛しているので、

ベーカリーなどを訪れると必ずと言っていいほど、

スコーンを買います。

スコーンにはちょっとうるさいです、

なんてことは言いませんが、

自分なりのこだわりは持っています。


今回のスコーンは値段もそこそこ、

次回行って違う種類のスコーンだったら、

買おうかな、くらいの感じでした。





次は、

見た目から興味深く、店員さんにコレなんですか?と

聞いてみましたが、説明されてもサッパリ理解できず、

でもやっぱり気になったので購入してまました、


Gougere $3.50



Gougere $3.50 in Tartine Bakery



キレイにまん丸に焼きあがり、

表面のトッピングがこんがりしていて香りがとってもイイです。

持ってみると意外に軽くてビックリ。

切ってみると…



Gougere $3.50 in Tartine Bakery



おっきな空洞ができていました。

中には濃厚なチーズ、

そして表面の香ばしいトッピング、

コレはワインに合いそうなパンです。

軽いけど、パンチのきいたパンでした。



あともうひとつ、キッシュも買いましたが、

写真がカメラ本体に記録されてしまい、

PCとつなぐケーブルを持ってきていないので、

写真をUPできませんでした。



キッシュは二種類あり、

ホウレン草のキッシュをチョイスしました。

家のオーブンで温め直して食べましたが、

コレもホントおいしかったです。







カリフォルニアには、おいしいパン屋さんが多くありません。

だから、このTartine Bakeryのようなステキなベーカリーに

人気が集中するのかもしれません。

はたしてこのベーカリーが日本で通用するのか、

それは分かりませんが、

私はとても気に入りました。

また必ず行こうと思います。








このベーカリーを訪れ、

私が目指すベーカー像に、

また少し新たな要素を加えてくれました。

アメリカでの生活、

人生のプラスになるよう、

もっとたくさん勉強します
2010.12.19 / Top↑
真っ赤なお鼻のトナカイさんは~

この唄の原曲が、

Rudolph The Red Nosed Reindeer



真っ赤なお鼻のトナカイさんは

ルドルフ君という名前でした。

彼は他のみんなとはちょっと違う。


そこでサンタさんが、

ルドルフや他のトナカイ達に、



『他の誰も持っていないものを、

それぞれ必ず持っている。

そしてそれは、どんなことでも、

必ず光るなにかがある。』



そんなことを教えてくれます。





今日はA.School今期の最終日でした。

最終日は授業は最初の一時間だけ、

(今日も起きるのに悪戦苦闘していたので、

 教室に入っってすぐ授業は終わりました。。。)


この日のためにクラスの皆でこの唄を練習しました



PCからご覧の方は、を聴きながら以下へお進みください






お歌の練習なんて、いつ以来でしょう。

すごく昔の話になりますが、

小学校6年生の時、少年野球の遠征で中国を訪れました。

その時に中国の方々に披露する、

『夕焼け小焼け』を野球のユニフォームを着ながら

練習していたのを思い出しました。

その時かるい食中毒になり、

お腹痛いの我慢しながら歌ってました



懐かしすぎる…








      


クリスマスがもうすぐだなんて、

ほんとに一年はあっという間です。

イブの日に渡米6ヶ月を迎えます。

My daughterも生後6カ月になります。

Skypeで見るだけでは実際の成長具合は

はっきりとは分かりませんが、

着実に、そして元気に成長している様子をWifeが
 
伝えてくれます。

ホントに、

ホントに感謝しています☆

daughterが大きくなったら、

mommyへの感謝を話して聞かせようと思ってます。








話は戻りまして、

今日はA.Schoolのクリスマスパーティー★

全6クラスが各々練習した歌をステージにて披露しました。


Sing a song in A.School


普段、他のクラスの人達をみることがあまりなかったので、

ステージ上の皆さんを改めて見ると…



Let's sing a song♪



Adultな方達だらけです。

みなさん、ホント元気いっぱいです!

大人になっても学ぶことを続ける方々を

みていると、人生は

一生勉強!

という言葉がホントに体現されています。

ステキです!




渡米してすぐの頃に通っていた語学学校では、

ダントツでオジサンでしたが、

ココではピカイチにヤングメンです。





自分が置かれた環境で

立場も変われば、

人からの扱われ方も変わり、

色々な考え方に触れることになります。

それに柔軟に対応していくことで、

自分の色々な面が客観的に見ることができます。



環境が変わると大変なことも多くあります。

でもそれは、自分を知れる機会でもあり、

成長できるきっかけでもあり、

またとないチャンスなわけです。






So、

ガンバラナイト








ステージでの歌の披露が終わった後は、

クラスごとにそれぞれ持ち寄った料理をみんなで食べました。



many kind of foods



メキシカン料理にアジアン料理、

『ICHI~コレ食べなさい、もっと食べなさい!』

『はい、アナタは日本人だからお箸ね。』

『韓国料理好きっていってたから、コレ食べてみて、チャプチェよ。』

『このメキシカン料理はトスターダにのせて食べると最高だから、ハイ。』



…ま、他にも色々と、

各国のおばさま方がたくさん勧めてくれて、

朝の十時から満腹になるまで食べました。

どれもおいしかったです。

ごちそうさまでした!



私はお店のパンを持っていきました。

料理がありすぎて、なかなかパンまで手が伸びませんでしたが、

韓国のおばさまが、

『コレICHIが作ったのよ~!』

というと、皆さまようやくパンに興味を示され、

宣伝がてらパン達を紹介。

食べきれないことは予想していたので、

あらかじめ、お持ち帰り用の袋を用意していて正解でした。

みなさん喜んで袋に詰められ、

あっという間に完売です。





『この子は本当にイイ子なのよ~息子のようだわ~』

と、もうすぐ60になる中国人のおばさまが言ってくれました。

ありがとうございました。
















食中毒もチャラにしましょう












今日で2010年のAdult Schoolも終わりました。

毎日、激しい眠気との格闘でしたが、

とても良い経験になり、先生にも、

クラスのみなさんにも感謝です。

英語が上達したとは、まだ思えませんが、

何よりヨカッタことは、

英語がもっと好きになったことです。

その想いが、

まだまだ頑張れる次の自分に繋がります。










どんな環境にも、

チャンスは転がってます
2010.12.09 / Top↑
Cecil's Famous Burgers

547 W Tennyson Rd
(between 11th St & 12th St)
Hayward, CA 94544

(510) 782-2655




家から車で3分のところにあるハンバーガー屋さん、

Cecil's Famous Burgers

たぶんですが、このお店に行ったことある日本人は

そう多くないと思います。

なんだか少しチャレンジャーになった気がしました。

というのも…



この付近、治安が悪いというわけではありませんが、

昼間でもなんだか独特な雰囲気を出しています。

日本でいうところの、コンビニの前でたむろする中学生のように

メキシコ人らしきオジサン達が、メキシカンマーケットの前で

井戸端会議をしている光景をよく見かけます。



夜になると、そんなに車も多くいませんが、

やたらPOLISを見かけます。

夜勤明けで帰る深夜も、たった2.3ブロックしか走りませんが、

三日に一回はパトカーとすれ違います。



ま、そんだけ警備をしっかりしてくれてるから

安心っていうことにしておきます




そんな街(どんな街だよ!って興味のある方はぜひお越しください。)

にある、ハンバーガ屋さん。

メキシカンマーケットが続く道路沿いにあるお店です。




この日はお昼に何を食べようか悩んでいるうちに

家の近くまで帰ってきてしまい、

以前からBURGERSという看板があることは知っていたので、

ふらりと寄ってみました。



このお店、店外に席が少しあるだけで、

ほぼお持ち帰り専用です。

メニューはスタンダードなハンバーガーショップと同様の品揃え、

ハンバーガーはサイズを選べます。

サンドイッチメニューもありました。




今回は…

レシートなどなかったので、

何を頼んだか忘れてしまいましたが、

たしか通常のハンバーガーのワンサイズUPを頼みました。

フレンチフライを付けて、

コチラ


Cecil's Famous Burgers



ココもオーダーしてからパティを焼いてくれます。

薄めのパティが二枚入っていました。



Cecil's Famous Burgers



パンがちょっとやわらかすぎですが、

全体的にはおいしかったです

ポテトもけっこーいけました




焼き立てパティの味をしってしまうと、

大型ハンバーガーチェーンのパティだと

少し物足りなく感じてしまうようになりました。

商品提供までのスピードは断然違ってしまいますが、

時間があるなら、

やっぱり焼き立てのジューシーさを味わいたいです。







さー次はどこへ行こうかな
2010.12.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。